• 木々設計室・松原正明

東京での薪ストーブ

今日は、現場でいただいた床板の端材で薪ストーブの焚きつけつくり。西郷ではイントレピッドII、東京ではCI1Gの薪ストーブを使っていますが、東京で薪ストーブを焚くには細心の注意をはらいます。大事なのは良く乾いた薪と、たっぷりの焚きつけを用意すること。すぐ側にはヤマガラがエゴの実を食べに集まってきています。小春日和の気持ちの良い1日でした。


30回の閲覧

木々設計室 一級建築士事務所/松原正明・樋口あや

​東京都板橋区の建築設計事務所