西郷村の家IV

2018.05

2017年5月に引き渡した西郷村の家に一年点検で訪れました。

すでに薪ストーブシーズンは終わっていましたが、冬に薪ストーブの熱が二階まで届かず思っていたほど暖かくならないのだが、、。そよ風を循環モードにしても10分で自動ストップしてしまうそうなので、調べてみたら初期設定のままでした。自動ストップをOFFにして次の冬には夜循環モードを使ってくださいと説明。

また、大きな木製窓から虫が入ってくるとのことで、隙間材で調整してもらうことにしました。

福島県西郷村、田畑の眺望が広がる敷地の一角に建てた家。裏山からの湿気を 防ぐために太陽熱で床暖房する「そよ風」を設置。寒冷地で薪ストーブを使い やすいよう、玄関から続く土間にドブレ 640CBJ を置いている。気持ちの良い 季節には外に出て食事ができるようダイニングに続く屋根付きのアウトドア デッキを広くとり、二階にも眺望を楽しめる木製のデッキを設けた。

 

敷地面積   495.4 m²(149.8 坪)

2 階床面積    47.2 m²(14.3 坪)

1 階床面積      74.1 m²(22.4 坪)

延床面積       121.3 m²(36.7 坪) 福島県西白河郡西郷村

夫婦 + 子供一人 太陽集熱床暖房<そよ風> 薪ストーブ:ドブレ 

木々設計室 一級建築士事務所/松原正明・樋口あや