北区の家​

(木造三階建て)

細い路地奥の密集地に建つ木造三階建て住宅です。前面道路からは木戸の奥の庭を通り、玄関へとアプローチします。庭の上部を中空の壁で囲い、そこに面して家族の集う食堂・居間を設けました。大きな連続窓からバルコニーへの一体感と、空への視線が抜けることで、プライバシーを保ちつつ外とのつながりを作ることができました。準耐火建築物ですが、主要な柱は径を増した燃え代設計により、無垢の木をあらわしとしています。

東京都北区

敷地面積   :99.3㎡(30.0坪)

3階床面積 :51.3㎡(15.5坪)

2階床面積   :51.3㎡(15.5坪)

1階床面積   :50.5㎡(15.2坪)

施工     :田口工務店

夫婦+子供二人

木々設計室 一級建築士事務所/松原正明・樋口あや