top of page
  • 木々設計室・松原正明

原村の家、基礎配筋検査

春を感じさせる暖かな日差しがそそぐ火曜日、原村にて基礎の配筋検査がありました。凍結深度が1m超えのため深堀して基礎の底盤をつくっています。上から見下ろすとまるで発掘現場のようです。12月からの工事ですが、あまりに寒く基礎工事が延び延びになっていたところ、やっと2月から工事が進み今回の配筋検査となりました。広い敷地の中に小さな平屋(に見える)が建ちます。


0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page