top of page
  • 木々設計室・松原正明

原村の平屋、そろそろ足場がとれます


寒い時期から基礎工事をはじめて、やっと足場がとれるところまできました。「そよ風」搭載で集熱温度を上げるため一部屋根を北側まで伸ばしています。屋根が上がった部分は小屋裏を利用し、寝室や書斎、納戸など何にでも使える部屋になっています。

施工は小澤建築工房さん。

北側の玄関周りのスペース。広いポーチは屋根付きで定期的に運んでくれる薪置き場。手前側は設備置き場。玄関内には広い道具置き場の土間スペースもあります。



0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page